『検察側の罪人』木村拓哉主演ドラマの感想

木村拓哉と二宮和也主演ということで期待してみたのですが、いまいちでした…。

いろんなトピックスを盛り込みすぎ&登場人物が多いため、本筋のストーリーのなぜ主人公が罪を犯した動機や主要キャラの描き込みが足りなくて、え?それで検察が殺害まで思い至るのちょっと安直というかもはやわからない…。

映画化するにあたり、キムタクの犯罪に関わるストーリーにしぼり、ちょい役に無駄にセリフやシーンを割かないなど、磨き込みして欲しかった。

雑誌記事づくりをしていて、限られたページ数とスペースで、あれもこれもといろんな要素盛り盛りで企画を出しがちなので、映画も同じで尺に限りあるなか、どこに重点を置いて如何に削ぎ落とすかが大事なんだなと思った作品でした。

created by Rinker
¥1,324 (2021/10/19 08:35:00時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました