共働き夫婦の育児

買い換えるのは悪じゃない。大事なのは自分がベストな状態になるためのモノを使うことで、ひとつのものを長く使用することじゃない

モノを大切にしないとバチが当たる、といったような、社会的に悪いことをしているような、そんな固定概念が多くの人のなかにあると思う。

私の夫は、私が買ってあわなくてすぐメルカリに出すことに対してものすごい拒否反応を示す。「もったいない。買ったばっかりなのに」

でも私は買い換えるのは悪じゃないと思っている。

大事なのは自分の生活により利益をもたらしてくれるモノを使うことで、生活が豊かになることなので、ひとつのものを長いこと使い続けていることではないと思う。

ひとつのものを長く使用することが目的化している人が多いように思う。

それが自分にあってないと思えば、すぐに買い換えればいい。

買い替えないで我慢して使っている時間がもったいない。

買って気に入らなかったものを使い続けているとその買い物は浪費あるいは消費になるけど、買い換えると買ってこのタイプのものは私に合わないんだということがわかり、さらに自分にとっても良いものが買えるとわかった経験が得られたという意味で投資になる。

 

 

 

ABOUT ME
小林有美子
3歳男児・夫婦の両親遠方のワーママが、東京での生活をラクでハッピーにしていく過程を綴ったブログです。共働き夫婦の家事・育児(料理、ホットクック、ヘルシオ、ホームベーカリー)、東京23区東エリア周辺の子どものお出かけスポットなど。ドラマ・映画・読書の感想も。