アフターコロナも生き抜くために今身につけるべきスキル・ワザ

仕事

不景気でも生き抜くために今身につけるべきだと思ったスキルやワザを書き留めました。

隙間時間にiPhoneで集中して息を吐くように仕事などのアウトプットをできるようになること

※机に座ってPC開かないとできませんじゃ何も進まない。※机に座ってやったら3倍の速さで10分できることでも、その机に座る時間が取れないなら、隙間時間トータル30分が確保できるなら、そこを使わないと本当に仕事が進まない。

最新機器など使えるものは使い常に生産性を上げ続ける努力をする

※思考停止になってできないと思う、知ってるのに怒られそうとか人の目を気にしてやはないのは、論外。会社に評価されるのも大事だけど、団塊世代と違って一生そのポジションにいられるわけではないのだから、どんなズルと言われようと生産性は上がる。また、そのため仕事が増えようと、フリーになとたとき個人の処理能力が高いとその分多くの仕事をこなせるので、稼げる人になれる。もちろん、買い叩かれるのは良くないが、数をこなさないとある程度上達しないなら、やるべき。同じ給与でそれ以上のことやっても意味ないから与えられた仕事しかやりません。なんて私仕事やりませんじゃなくてできませんと言ってるようなもの。

タスクの「トリアージ」を徹底する

もはや子育て世帯にとっては当たり前の概念だけど、もはや優先順位なんてもんじゃなくて、やるやらないもきびしく瞬時に判断しないと、ほんと死ぬ。

家族の管理も仕事のうち

ガチの「旦那」の愚痴言ってても仕方ないです!!それは生まれた土地や人種、親と違い選べたものだから、そんな人しか選ぶことができなかった、見る目のない自分の無能さを披露してるのと同じです。仕事同様、羞恥心やプライドを捨ててうまくコントロールしましょう。

パクれるものはパクる

申し訳ないとか仕事したうちに入らないとか私がやる意味ないとかもはや甘え!!そこまで期待してないので、とりあえず完成させれば8割はできてる。オリジナルってなんだよ。そんなの作れる人プロでもいません。どれだけダブってるからパーセンテージの差。


少し毒のある口調だけど、甘えられない自分への戒めとして。その分限られたオフは、いつも以上に自分を甘やかす。


不遇を恨みすぎず、チャンスだと思う上記できるようになれば、それまでの自分よりだいぶできることが増えている(あまり好きな言葉じゃないけど、市場価値とか)ので、働き口も選択肢が増えるだろうし何より、自分で何かしら仕事を生み出すことができるようになっているかもしれない。


リーマンショックのとき就活生で、ああついてかいと運命のせいにしてたけど、だいぶ見方が変わった。需要と供給(マスクの転売とかではないです、決して)、これから経済がどう変わっていくか、生活のスタンダードがどうアップデートされるかを想像して、タフにしなやかに常に少しの余裕を持って、生きていきたい。

タイトルとURLをコピーしました